アールグレイって?

 紅茶にあまり詳しくない方でも、「アールグレイ」という種類のものがあることはご存知かと思います。「名前は知っているけれど…」という方も多いはず。今回はそんなアールグレイについて簡単にご説明します。

 アールグレイのスペルは「Earl Grey」。和訳すると「グレイ伯爵」(英語では、階級を名前より前に置く習慣があります。)。名前の通り、この紅茶の誕生にはグレイ伯爵が関わっていると言われています。しかし、正確なことは現在でもよくわかっていません。「中国に派遣した使節団が持ち帰り、グレイ伯爵に献上したお茶」がアールグレイと呼ばれるようになったとか、「…献上したお茶を気に入ったグレイ伯爵が、本国で手に入る柑橘類の香料で再現を試みたお茶」がアールグレイと呼ばれるようになったとか、ルーツは微妙に異なるのです。

 ひとつ重要なのは、「お茶がアールグレイたる為の条件に、茶葉は関係ない」という点です。香りは基本的にベルガモットという柑橘類をベースにしていますが使用する茶葉はメーカーごとに異なりますし、現在でもフォートナム&メイソンさんなどで、緑茶を使用した「クラシック・アールグレイ」を購入することが可能です。

© 2017 Falhong-Cha

​当サイトはリンクフリーです.